HEARTWORK/HATEWORK

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is the most adaptable to change.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越したということもあり
最後の一大イベントである敷金の返却に関しての話をする前に
ちょっとした小噺でも...

先日のひな祭りにちょっと気を利かせてケーキを買いました。
ひな祭り当日だけあり、数人並んでいる状態でした。
ショーケースを見ると本日限定のケーキが残り一つとなっており
「前の客買うな!」と呪文を念じていたところ無事GET!
急いで帰宅し、ウホウホしながら開封したところ...
アレ、中身が違う?うっそぴょ~ん!

少なくとも注文して箱詰めする前には
「注文は以上でよろしかったでしょうか?」
と店員が尋ねてきたのは間違いありません。

注文は異常で宜しかったでしょうか?

「以上」と「異常」を聞き間違えた?
ポルナレフ並みに訳わかんね~!状態...

何のことはない...
商品受け渡しの段階で、ほかのお客さんのものと
間違えたということですが、
本来はあるまじき出来事なわけで、
店頭に行って返品するのが筋かもしれませんが
時すでに遅し、夜の8時。
さらに賞味期限は本日限り
ということで、怒り(?)とスイーツは
胃袋におさまってしまいました...

さて、小噺はこの辺にして本題に入りますが
どっちが小噺なんだ?というツッコミは無しでご参考までに...

以前に貸主さんとは家賃交渉した話を書きました。
その0その1その2

同マンション内で比較して1~3万円近く賃料が高かったので
値下げ交渉を行ったのですが、
結局は調停で解決し、賃料を1万円下げてもらいました。

そのような経緯もあり、敷金の返却も
ひょっとすると難航するかも...帰ってこないかも...
という思いがありました。

最近はそうでもないのですが
東京の場合、賃貸マンションを借りる場合は
敷2礼2というのがややデフォルトという感じでした。

敷金に関しては、退去した際は、貸主さんに返却義務があるのですが
この際に破損部位の補修費等に敷金の一部をあてて
残りを借主さんに返却する契約になっているのが一般的です。

退去して一月たったころに
清算書とその明細書が不動産業者より送られてきました。
目を通すと、ほとんど戻ってこないことがわかりました...

敷金返却トラブルの原因となる最大の理由が
原状回復費用...
手っ取り早く言えばハウスクリーニング代や
経年劣化した部位(壁紙や襖etc)の補修費用です。

しかしながら2001年の消費者契約法が制定後は
原状回復費は賃料に含まれていると考えるのが
法的な考え方なので
退去時に請求するのは二重取りになります。
原状回復費用に関してはコチラを参考に...


ということで、やはり原状回復費用で
それなりの金額が引かれていました。
原状回復費だけなら、折半でも良いと思っていたのですが、
明細書を良く見ると
「○○撤去費用 ○○円」
との記載がありました。
入居時に既に備え付けられていた設備の退去費用を要求され
更に入居時に破損していた壁紙の補修費用まで...
その他にも雑費などの記載もありました。

自分もこれまでに何度か引っ越しをしていますが、
敷金返却のトラブルは無かったのですが、
今回ばかりは、ちょっとトサカにきました。

ということで、クリーニング代は絶対に負担しないという意気込みで
不動産業者を通じて家主さんに検討をお願いしました。

その際、自分の過失で壁紙がはがれた個所もあったのですが
請求額も減価償却費を無視した金額を請求でした。

壁紙(クロス)の残存価値は7年で10%と計算するのが一般的ですが
今回の請求金額は45%とかなり高めに設定されていました。
そこで再計算の清算もお願いしました。

不動産業者からの回答ですが
壁紙に関しては回答無し
ハウスクリーニング代を含む何点かに関しては
借主さんの全額負担が妥当であるという回答をいただきました。

不動産業者がなぜこのような回答を出してきたかと言えば
「特約事項が契約書に盛り込まれているから」
という説明でした。
ですが、特約が有効になるにはいくつかの条件があり、
貸主さんが根拠を説明する義務がありますが
当然ありません。

不動産業者の発言が二転三転した経緯もあり
これ以上、不動産業者を仲介して交渉するのは
時間の無駄だと判断しました。

ここは一気に片付けてしまおうと思い、
少額訴訟を想定した交渉をすることにしました。

参考にしたのは、どシロウトの敷金返還闘争日記です。

少額訴訟というのは
リンクを参照してもらうとして、
既に申立書式も裁判所のHPに記載があります。

主な必要書類は以下の三点
賃貸契約書
敷金預かり証
内容証明

ということで、内容証明を手元に準備する必要があります。
内容証明は簡、この場合に関して言えば
貸主さんとはキチンと交渉しましたよ!
というお墨付きを郵便局で保証してもらうものです。

この内容証明には書き方のルールがあり
例えば、縦書き1行20字以内、1枚26行以内というルールです。
(まあ、今はWordなどで設定できるので楽ですが。)

更に内容証明はどの郵便局からも送れるわけではないために
自宅近くの郵便局から送れないこともあります...

そういった不便さを解消するために
現在では電子内容証明サービスがあります。
インストールなどにある程度の手間がかかるのですが、
内容証明を自宅で簡単に作成できるはずですが...

VISTAには対応していません...

嗚呼、不便...
正直、我が家ではVISTAを導入したメリットが全くありません。
ある意味デメリットばかり感じています...

ということで、ワードで作成して郵便局に持っていったのですが
最初に行った郵便局では取り扱いをしていませんでした。

従って、ちょっと離れた郵便局まで行くことに...
早速、内容証明の手続きを行いましたが、
文書の確認なども含め受理されるまでに30分近くかかりました。

一番焦ったのが割り印を押すことでした。
作成した文書は5枚あったのですが、
枚数が2枚以上の場合は割り印が必要になります。
この時、念のためにシャチハタを持っていたのでOKでした。

内容証明に書いたことは簡単に言うと

1 貸主さんと契約した際に敷金を預けました。
2 契約を解除したため、貸主さんには敷金返却の義務があります。
3 清算書には原状回復費が含まれていますがこれは法律違反です。
4 払うべき費用は○○円です。
5 この金額を期日までにお振り込みください。さもなくば...

これを見ると物騒に思えるかもしれませんが
消費者契約法、借地借家法、東京都ガイドラインに則ったことを
書いているだけなので、全く問題ありません...

実は、不動産業者も少額訴訟を起こされた場合
原状回復費用を請求できないことは知っています。
にも関わらず堂々と請求してくるのは
改めるべき慣習だと思いますねえ。

ということで、ようやく再計算された清算書が送られてきました。

結果は満額回答!

こちらが払った金額は破損部位を除けば家賃の0.5か月分程度でした。
要するに1.5か月分戻ってきたのです。

このような意味でも、退去時には
手間を惜しむことなく交渉をしたほうが良いと思います。


コメント

二年後に一人暮らしになるようなので参考にさせて頂きます。
姉も一度引っ越しをしましたが、そういうのは無かったみたいです。
2010/03/07(日) 05:20:40 | |ぬび #5jfRZbUw[ 編集]

関係ない話ですけど、過払い利息の問題で儲けている弁護士が多いようですね。
それも契約書の内容をきちっと依頼者には説明せず、依頼者に取り返した額の満額ではなく少なめの額を教えて、差額と成功報酬の二重取りをするような悪徳弁護士も多いようです。
だからテレビCMで投資しても回収できるくらい“おいしい”商売なんですね。

これは一般の人でも法律を知っていいれば出来ることで、今回の記事を読みながら「やはり無知は損をするんだな~」と痛感してしまいました。
2010/03/08(月) 00:09:42 | |美獣 #rrrhk74Y[ 編集]

ケーキ、とんだ災難でしたね

ミュジニーさんは、理系でありながら交渉上手の法律家にみえちゃいますw
2010/03/08(月) 01:47:53 | |さり #-[ 編集]

参考になりますね~^今アンテナ問題で、引越しを真剣に考えていましたので。。ポチ!
2010/03/08(月) 20:19:50 | |荒野鷹虎 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
>ぬびさんへ
コメントでは初めまして!
こういったトラブルは無いほうが良いに越したことは無いんですけどね。
自分もこういったのは初めてです...
最近は大手不動産会社でもトラブルが増えていますが
貸主寄りの不動産会社にも責任があると思います。

>美獣さんへ
最近のつり革広告と言えば、金貸しと過払い解決弁護士が目立ちます。
確かに、弁護士としては、かなり美味しい仕事ですよネエ。
ただ、二重取りはいただけませんよねえ...
最高裁判所の判決って世の中をガラッと変えてしまうこともあるもんだと
感じました...
新規賃貸契約の場合は契約書について交渉すると門前払いされてしまうので
借主の立場はホント弱いと思いました。

>さりさんへ
ケーキは来年に憶えていたら買ってみようかと思います。
ちょっと前に交渉術の本を読んだ影響か(?)
時々、実践練習を(笑)。
家賃交渉ではずいぶん譲歩したので
まあ、敷金返却でイーブンに戻したといった感じだと思います。

>荒野鷹虎さんへ
アンテナ問題...TVのアンテナですかね?
引っ越しも色々と面倒ですから無事に解決すると良いですね!
トラブルは無いに越したことはないんですが、
腑に落ちない場合はきちんと調べてから
交渉したほうが良いんだなと思いました。
2010/03/09(火) 20:17:07 | |ミュジニー #3fP8K/.I[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。