HEARTWORK/HATEWORK

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is the most adaptable to change.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと週末!
と言いつつも...
週末の午前中はジムでトレーニング
一体いつ休んでるんだ???
と自分を問い詰めたくなります(汗)
で、感想文を書くと言っていた
新薬誕生―100万分の1に挑む科学者たち
についてなんだけど、
原文は英語なので国外のお話ですね。
原題は
MIRACLE MEDICINES
SEVEN LIFESAVING DRUGS AND THE PEOPLE WHO CREATED THEM
形式としてはインタビューをストーリ化したものかな。
気になる(?)内容というと

第1章 エイズと闘う
ノービア(1996年)とカレトラ(2000年) (アボット)

第2章 心の病から人生の再出発
セロクエル(1996年) (アストラゼネカ)

第3章 本物に勝った人工インスリン
ヒューマログ(1996年) (イーライリリー)

第4章 喘息の辛さを救った薬
アドエア(1996年) (グラクソ・スミスクライン)

第5章 奇跡のバイオ医薬品
レミケード(1998年) (ジョンソン・エンド・ジョンソン)

第6章 癌治療の扉を開く
グリベック(2001年) (ノバルティス)

第7章 世界一の薬はこうして生まれた
リピトール(1996年) (ファイザー)

↑はもうちょっと書き足したりするかも...

(承認された年)ということで偶然なのか
1996年承認の薬剤が多いですね...
世界の大型医薬品売上ランキング 2007年
によれば

リピトール : 13,682←13,797
アドエア : 7,154←6,490
レミケード : 5,230←4,425
セロクエル : 4,198←3,557
グリベック : 3,050←2,554 (百万ドル)

ノービアとカレトラ、ヒューマログの売り上げは
載ってませんでした。
世界No1の売上を誇るリピトールは
世界第3位のアドエアの倍近い売りあげです。
その他の医薬品は順調に売り上げを伸ばしてますねえ。

感想と言っても自分の働いている世界の話なので
感想と言うかなんだろうね...

初期の探索段階から
後期の臨床試験を経て
その後の販売までという
非常に長い年月にわたる話だけど
それほどマニアーックな話ではないので
(と思ってますが...)
製薬業に関心の無い人でも
物語としては十分に楽しめるんじゃ???
個人的には臨床段階の話が面白かった。

0809020009.jpg

ですが、読むと驚くかもしれません。
これだけの売上高を誇る医薬品も
開発段階においては
つぶされる可能性もあったと言うことを...
というか世の中、何度もつぶされた医薬品もあるんですけどね(汗)。

医薬品開発は宝探しのようなもの
などと言われますが
実際には綱渡りみたいなものかもしれません...

0809050019.jpg
タイトロープなんて怖くて渡れねえ...

当たり前だけど研究にはリスクは不可欠で
更に開発にはそれなりの予算がかかる。
承認される前にプラントを製造しなくてはいけないしね...
勿論、承認されなかったら大損です...

だから万が一失敗したら会社が経営が傾くこともあるし
株価にはかな~り影響する。
市場が小さいために先行投資が回収できない恐れも...

0808150032.jpg

まあ、経営は別として
研究者は製品を市場に出すのが使命なので
「会社のせい」とか「時代のせい」とか言って
任務を放棄して良いわけではないので
(勿論、自分の研究に対する思い入れもあるけど...)
できる限りのことはしないといけないし
やっぱりなんとか研究を進めたいって気持ちを
無くしてはいけないもんだ
と、これは改めて感じた...

長い年月、研究を重ねていくうちに
次第に失われた創薬への情熱を
思い出させるのに十分な1冊だった!

なんて書いたりすると良いんだろうけど
あいにくそんな気持ちは起こらず...(爆)。
やっぱりとんでもない業界に入っちまった
ってのがあるかなあ...

0809050023.jpg

まあ、実際にまだ成功したプロジェクトって
無いからなあ...
1つ、PHASE 1に入ってるけど...

この世界で仕事して思うのは
チャンスは思っている以上に少ないと言うこと...
来るべきチャンスに備えて
十分に準備していないと
チャンスに気がつかないまま
逃してしまうこともあるでしょう...

と言いつつも
勤勉な馬鹿ほどたはた迷惑なものはない
なんて名言もあるくらいだし
ほどほどに仕事してます(爆)!

薬が調合されるときに、そこに毒が入るように、
徳が組み合わされるとき、そこに不徳が入る。
知恵は徳と不徳をうまく調合し、それを人生の不幸に対して役に立てる

今日のBGM

BEAT
by
KING CRIMSON

Beat.jpg

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ
コメント

日本で開発されたお薬で一番売れたのは
「ネクシアム」ってことですか?
ひところ、『医者がくれた薬がわかる本』って
流行ってましたよね♪
2008/09/06(土) 02:22:15 | |さり #e/A4EyGE[ 編集]

母が病気になってから、薬を毎日飲む姿をみては早くいい薬できないかなあって思いました。
ミュジニーさんのようにやる気のある人たちのおかげで、助かってる人たちが必ずいると思います。
頑張っていい薬を開発してくださいね(^o^)
2008/09/06(土) 22:06:15 | |野いちご #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
>さりさんへ
書き方がまずかったです、すいません。
日本で開発された薬となると
高脂血症薬のメバロチンですかねえ、特許切れたけど。
今はそれにかわってファイザーのリピトールが売れてる気がします。
「ネクシアム」は日本未発売ではないかと思います。
「医者からもらった薬がわかる本」って毎年出てるんですね。
面白そうだから立ち読みしてみます!

>野いちごさんへ
投薬で思うように効果が出ないこと
については考えることあります...
色々と言われることもあるんですけど
標的が難しいながらも研究を続けているのが
現状かなと感じてます。
まあ定年までに製品ひとつ創りたいところです!
ありがとうございます。
2008/09/06(土) 23:21:11 | |ミュジニー #3fP8K/.I[ 編集]

マケインさんが共和党大統領候補受諾演説の中で、自分が戦うべき相手を列挙していましたがその中に製薬企業が入っていました。ヘルスケア政策の中で民主党の皆保険政策に対抗して医療費、特に薬剤費を抑制する政策を取るようです。確かにアメリカは最大かつ最も収益性の高い(薬価の高い)市場ですから。
2008/09/07(日) 02:50:46 | |o_sole_mio #oCej7oRg[ 編集]
出し続けるのも
研究所の仕事は可能性にかけて未来の事をやるから
当たり外れは当然で外れが続くと大変かもしれませんが
サイクルが決まっていて当たり続けなければいけない家電やPC、自動車もそれはそれで大変な物があります。

どちらの方に耐えられるかその人の相性の問題だと思います。

ミュジニーさんは謙遜されていますが
ミュジニーさんの研究は色々なところで生きていると思いますよ。

これからも研究に励んでください。
2008/09/07(日) 07:17:34 | |jafo #Q.zvybpY[ 編集]
コメントありがとうございます!
>o_sole_mioさんへ
党大会演説は大成功に終わったようですね。
確かにアメリカでは医薬品の価格は企業が決めてるみたいですね。
皆保険政策は保険額が高くて非現実的みたいだし...
といって日本みたいに薬価を下げていくとなると
問題も出てきそうだし...
食生活をなんとかしたほうが良いような気もしますが(汗)。

>jafoさんへ
確かに言われてみると
家電メーカーは出し続けなくちゃいけないのが
大変そうです...
省エネだって限界があるだろうし
そうなると付加価値をたくさんつけていくことになるんでしょうかねえ??
PCはまだまだ良いものが出てきそうですけど
車は大変そうです...
確かに相性ってあるでしょうね。
まあ、個人的には食品や化粧品が良かったんですけど...
そう言われると嬉しいです、ありがとうございます。
jafoさんの業界も結構大変ですよね...
なんとかいい仕事をしていきたいですね~!
2008/09/07(日) 18:34:51 | |ミュジニー #-[ 編集]

ご無沙汰しておりました。
本当にやりたいと思えるようなものでないと、前に進めなくなることもありますよねw
すべてやる気から物事がなせる、それは真でも、間違いでもあるような感じがしたりします。
何にでも興味を持てる部分を見つけ出し、それを手がかりに走りだせる人もいれば、興味が持てず、または無くなっていき、何でこんなことをしているのだろうと思うこともありますから。
企業の研究としては後者は厳禁であるということも理解はしているのですが・・・
2008/09/07(日) 20:10:00 | |火酒 #-[ 編集]

ほ~!!業界の事はよくわかりませんが、
ちょっと読んでみたいです。
専門用語の解説がついていれば・・・
なんだか薬学やってた友達と思い出した。
病院でボンと処方される薬にも
ドラマがあるんだと感じました。
2008/09/07(日) 21:46:15 | |ムタ嬢 #IUoEg7sw[ 編集]
コメントありがとうございます!
>火酒君へ
人間、波はあるし
プロジェクトにしても成功確率が等しいわけではないので
興味が持てないことがあるのは当然だしやる気が出ないのは
特に恐るべきことじゃない。
ただ、俺も含めてペーペーは残念ながらテーマを選べるほど偉くはない。
まあ、そう言う時は研究の進め方を学ぶとか
工夫してテーマに接すれば興味を持って接することができるかもね。
ただ、腐ってしまうとキャリア育成においてはマイナスだよね...
まあ、そこら辺は上司が人材をうまく活用できてるかどうかって
話にもなってくるけど...

>ムタ嬢へ
図書館で借りればいいと思うよ、高いし..
専門用語の解説は無かった気がする。
臨床試験では患者さんが出てくるんだけど
そのあたりは結構面白いと思うわ...
良いドラマもあれば悪いドラマもあるけど
この本は良いドラマのお話だね。
ムタの世界だって色んなドラマありそうだけど??
2008/09/07(日) 22:06:50 | |ミュジニー #3fP8K/.I[ 編集]

的確なお返事はできませんが、
最近お知り合いになったので、
自己紹介的な気分で拝読しました^^

>薬が調合されるときに、そこに毒が入るように、
徳が組み合わされるとき、そこに不徳が入る。
知恵は徳と不徳をうまく調合し、それを人生の不幸に対して役に立てる

これをいただいていきます!ww


にゃんこの写真に思わずニッコリです^^

タイヘン僭越ですが、
リンクいただいてもよろしいでしょうか?
2008/09/08(月) 17:06:50 | |ぷぅちゃん☆ #C8U5YJ.g[ 編集]
>ぷぅちゃん☆さんへ
コメントありがとうございます。
いえいえ、俺は昔から
「口だけお達者クラブ」などと言われていたくらいなのですから(笑)。
その文章に突っ込み入れるとは流石ですね。
原典はラ・ロシュフコーの箴言集です。
猫がいるからこのblogなんとか続いてます(笑)。
リンク、アンリンクは自由ですので気の向くまま煮たり焼いたりしてください(笑)!
2008/09/08(月) 20:44:41 | |ミュジニー #-[ 編集]

リンクといえば・・・
だんだん上に上がってきていて・・・ビックリするやら、感謝するやら・・・
ありがとうございます!
アタシのやる気の一部になっていますよー!
朝も昼も夜もいつでもOKですよー!
あっ!お仕事頑張ってくださいねー!
2008/09/08(月) 22:28:09 | |ひまあゆ #Ak51kPpI[ 編集]
>ひまあゆさんへ
コメントありがとうございます!
リンクもblogの一部としてきちんと管理する方針なので
リンク切れ、休止、その他の個人的事情により随時整理しています。
勿論、自分に対してもそれなりのルールを設定していますけど。
実は最終的には全ての相互リンクの中止を考えているので
あまりリンクにこだわられてしまうと
こちらとしても困惑してしまうというのが本音です。
ですがモチベーションの原動の一部と言われれば
嬉しいです、ありがとうございます。
2008/09/09(火) 21:40:40 | |ミュジニー #3fP8K/.I[ 編集]

ミュジニーさん☆こんばんは♪
お薬の研究は、本当に大変なのですね…
新しく、開発できるものに出会える確率も、なかなかなのですね。
お薬も、長い研究を重ねて、作られているんだと思ったら、本当にありがたいのですね。
最後のお言葉、深いですね~。
本当に、そうですね。
本当に凄く勉強になりました!
ミュジニーさんも、お仕事のんびりもちょこっと入れつつ☆頑張られてくださいね♪ヾ(*ゝω・*)ノ☆
応援しております!

猫ちゃん、それぞれの猫ちゃんの表情がとってもいいですね♪(*^-^*)
2008/09/09(火) 22:35:37 | |orange cat #y3lroRyk[ 編集]
>orange catさんへ
コメントありがとうございます!
同じ研究でも食品会社だと
試食が仕事ってくらい食べれるそうです。
一方で化粧品なんかだと
自ら髪を染めることもあるようで...
うちの業界も80-90年代は勢いがありましたが
段々と厳しくなってきました...
こういった言葉をアフォリズムというみたいですけど
なかなか興味深いですよね。
最近はあちこちで猫写真を撮ってます(笑)!
2008/09/10(水) 21:24:31 | |ミュジニー #3fP8K/.I[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。