HEARTWORK/HATEWORK

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is the most adaptable to change.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が満開の東京、千代田区...
靖国神社、北の丸公園は
花見を楽しもうという人たちで
賑わいをみせていました。

昨日があまりにも良い天気だっただけに
今日の曇り空は残念です。

そんな土曜に残念なお知らせです...

女子大生リタさんが女子大生卒業です!

卒業おめでとうございます!

明後日から社会人の仲間入り...

で、話がかみ合ってなくて申し訳ありませんが
というか、こんな話で面目ないです...

そろそろタミフルのことでも
書こうかなと思いました。

なるべく早めに書こうと思い
頭の中では色々と思い巡らしていたんですが
どう書けば良いのかまとまりませんでした。

なるべく中立の立場で書いているつもりですが
仕事柄(半人前のくせに!)、偏ってしまっているかもしれません。

どんなご意見でも聞く耳は持っているので
よろしく御願いします。
ホント、自分の業界について
こんなことを書くなんて正気の沙汰とは思えん...

薬害タミフル脳症被害者の会などを見ていると
書いてしまった記事をそのままUPして良いのかどうか
柄にも無く悩んでしまったわけです。

仮にミュジニーが関わったプロジェクトから
新薬が生まれたとして
そして副作用で死者が出たら
怖いと思います、正直...

下調べにあたりblog検索をかけたところ
まだ、かなりの頻度で記事が上がっています。

記事についてのコメントがある割合は
6-7割くらいだったと思います。

意見をパラパラと読むと
以前は多数の否定派と少数の慎重派に
わかれているようでした。
医療従事者の方は慎重な意見を
書いている傾向にあったと感じています。
当然といえば当然ですけど...

が、ここにきて、
慎重派の意見が増えたように感じます。
6/4くらいでまだ少数に見えますけどね...

と書いているうちに
この話は色んなファクターが絡み合ってしまって
話がえらく難しいんでは?
とか勝手に思い込んでます...

問題をややこしくしてしまった原因に
以下の2点があると思います。

まず第一に、寄附講座の件に関しては
正直なところ理解に苦しみますね...
モラルが欠けているでは済まされないし...
他の医薬品の信用問題にもかかわりかねません。

そして、異常行動調査に問題点があった点でも
もう少し真剣に取り組んで欲しいと思います。
寄付金をもらったから?
と勘繰られても仕方無いですね。

厚生労働省も進行性化骨筋炎(FOP)
難病指定するという、あまり知られていない良いニュースもありますしね。
まあ、医療費の助成が無いのが難点ですが...
↑ミュジニーも署名嘆願に参加しました。

また、タミフルと副作用に関して
厚労省が見解を白紙撤回して
「判断が変わり得る可能性は否定できない」
と発言しました。
日本小児科学会も以下のように見解を改めた。
「一般診療におけるタミフルの使用については、
従来通り投与の適応や
症状の経過観察等への注意が必要であるが、
現時点ではその使用に対して
改めて注意勧告などを行う状況ではないと考える。」

「現在流行中のインフルエンザの
10歳代患者に対するタミフルの使用は、
ハイリスク群などへの治療を除き
原則として当面差し控える。」

ラムズフェルト...
影響があったのかどうか不明のため
あえて言及しません。

RISK&BENEFITっていう言葉があります。
文字通りRISK(危険)とBENEFIT(利益)を
天秤にかけて選択するという考えです。
日本語だと「損得勘定」というものですかね?

話をすり替えるわけではありませんが
「タミフルと異常行動」
あるいは
「車と交通事故」
を、どう捉えるかということです。

何か行動を起こすときには必ずリスクがつきまとい、
何もしないことにもリスクがある。


タミフルを服用してない少年が
異常行動で飛び降りました。
幸い、命にかかわる出来事ではなかったので
良かったですけどね。

因みにインフルエンザ脳症の死亡率は約30%、
25%の子どもに後遺症が残ると言われています。
最近ではインフルエンザ脳症と解熱剤の因果関係が
色々と報告されているので検索してみると良いでしょう。

インフルエンザは感染症の1種なわけです。
感染症にはHIV、エボラ出血熱、マラリア、コレラ
などなど致死率の高いものから
薬を飲めば治るものもあるわけです。

O-157の時のカイワレ大根、ノロウイルスの時の牡蠣
のように風評被害だけは気をつけて欲しいと思います。

今、医薬品業界では
エビデンスに基づく医療(EBM: Evidence-based Medicine)
という言葉を目にする機会が増えてきました。
医療行為における治療法の選択などにあたっては、
理論や経験や権威者の判断ではなく、
確固とした疫学的証拠に基づき、
科学的に最良の判断をすべきであるという考え方です。

因みに世の中には発売中止になった医薬品もあります。
VIOXX (ヴァイオックス)は2004年に
メーカーのMERCKが発売中止を決めました。
詳しくはこちらから

全ての人を満足させる結論を出すのが難しいですが
全ての人を満足させるデータは示すことは
それに較べたら簡単なような気もします...
以前、こんな記事を書いておいてアレですが...

そのためにも正確な情報開示と
情報判断力が大切になるのではないかと
考えています。

一度失った信頼を取り戻すのは大変なので
厚労省など各関係機関には
熱意を持って取り組んで欲しいと思います。

親の敵、鬼の首を取ったかのように
薬は毒だ!とか
副作用が強調されているような文章見ると...

まあ、世の中そんなもんだよねえ...

あと、今回の一件の教訓で
ただでさえ、人手の少ない小児科医は
更に少なくなってしまうのではないでしょうかね???

医薬品メーカーも子供用の薬の開発に関しては
リスクが高いと判断する材料となるかもしれません。

タミフルとリレンザの違いは以前にも書きましたが
処方された場合にはくれぐれも注意してください。

オマケ

インフルエンザ流行レベルマップ(国立感染研究所)

タミフルと異常行動(YAHOO)

タミフルの2/3が日本にあると報道されています。
確かに多いと思いますが
ではどれくらいが妥当なのかわかりません。
因みに日本は薬大国でタミフルに限らず
世界で生産される薬の2/3は
日本で消費されているのです。

備蓄の理由は以下の2点だと思います。
鳥インフルエンザにも効果がある。
治療効果だけでなく予防効果がある。

今日のBGM

このジャケットはモダンで好きです...

ONLY THE GOOD DIE YOUNG
ALL THE EVIL SEEMS TO LIVE FOREVER

SEVENTH SON OF A SEVENTH SON
by
IRON MAIDEN

20070331233409.jpg

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ
コメント

薬の消費量が多いのは、高齢者が多いからですかね~
確かに、電車の窓越しに、病院の看板が連なって切れ目が無いくらいですが・・

タミフル、うちのような働く母親家庭にはありがたい薬なのですけどね。
医師には受難の時代ですね。
2007/04/01(日) 00:08:27 | |さるすべり #GaX/bRrw[ 編集]

こんばんは

先日、うちの娘がインフルエンザになったとき、お医者さんはタミフルにしますか、リレンザにしますか、と聞かれ、嫁さんは迷わずリレンザにして下さいといったそうです。

投与しない場合でも、行動異常が起きていますし、タミフルが本当に行動異常を誘発するのかは良く分からないですね。併用している薬の影響やウイルスそのものが中枢系に悪さをするよう変異したなど他の要因も考えられそうです。
2007/04/01(日) 00:18:36 | |o_sole_mio #-[ 編集]

タミフルの問題はいろいろと難しいですねぇ。再現性もないようですし。
相手がインフルエンザですから酷くなってもマズイですし、本当に難しいですね。

怖いのは風潮ですね、一度そういう雰囲気ができてしまうとそれを覆すのは難しいですから。
2007/04/01(日) 00:30:47 | |鵲 翔平 #-[ 編集]

本当にタミフルが必要なのは主に高齢者や幼児で、10代・20代は必要ない・・・って、感染症研究所の所長が言ってたよ。若い子は滅多に肺炎にはならないしね(-_-;)
これでタミフルが使用禁止なんかになったら、余計大変なんではないの??
長らくインフルエンザワクチン接種が積極的に行われてなかったのも、少数派(当時)の卵アレルギー人口に配慮したからだったと記憶(-_-)
アタシが服用してた薬も少数の副作用派の為になくなっちゃったのよねぇ。。。
人類はウィルスとの闘いなんだから、
一応の予防効果が見込まれてる薬も中止!
なんてことになったら困るわん~
2007/04/01(日) 00:39:12 | |ゆずっぽ #-[ 編集]

まったく知識もなく意見を書きますが、本当に薬一つでそこまで異常行動を起こせるのか?が疑問です。通常の麻薬の数倍以上の脳内麻薬を生成しても意識を保っていますし・・・結局、飛び降りた子の精神的な問題なのでは?と思います
2007/04/01(日) 01:02:44 | |サバン少年 #-[ 編集]
今日は・・・
業界の人ならではの記事ですね (*ノノ)
細かい事は良く分かりませんが ヾ(´ー`* )ノフッ
タミフルって、今まで10歳未満には副作用が
無い(?)って事で、使用制限は無かったんですね
( ̄□ ̄;)
最近になって、10歳未満の異常行動の報告が
60件位出てきたって言う話ですけど、
実際はかなり多いんでしょうね (¬_¬)アヤシイ
3Bbakuも、実際に目の前で
タミフルによる異常行動を見た事が有る位ですから
[ カベ ]ェ・^)ノ
では、恒例のポチッと。。。
2007/04/01(日) 01:26:31 | |3Bbaku #-[ 編集]
こんばんわ^^
(*'へ'*) ンー 元医療従事者的な立場で言うと
研究費を渡された医者だけが委員に選ばれていたって事実もある訳で。。
誤解されても仕方ないっすねぇ。。。
まぁ。。製薬会社と医者の癒着問題なんて今に始まったわけじゃないですけどね。。^^;;
2007/04/01(日) 02:17:39 | |なぁこ♪ #-[ 編集]

ミュジニーさんの
おかげで
いろんなことを
教わることができます。
ありがとうございます♪

ふんふん・・・
やっぱ正しい情報が
必要ですよねぇ。
・・・ってわかった口してても流されっぱなしの日本は、こういうときせき止めるダムが無いと、
そのまま川流れに、
なってしまうんでしょうけど。
2007/04/01(日) 03:06:11 | |華唯 #-[ 編集]

薬の過剰投与は以前から問題視されていたのに、最近になってようやく対策に乗り出したのが現状ですね。

普段はちょっとした異常で薬を服用する人が多いのに、タミフルのように副作用が報告されるとバッシングされてしまいます。
タミフルに限らず、薬を使用するのには副作用はつきものということ知らないもの問題があるのではないでしょうか。

まぁ、薬は慎重に使用しましょうってことですかね┐('~`;)┌
2007/04/01(日) 11:44:09 | |モモ #-[ 編集]

今、話題のタミフルですね。テレビとかでは一つのニュースを取り上げてそれが続いたから取り上げるという感覚もあるんでしょうかね???
しかもタミフルにはそういう副作用があるのでしょうか??
確かに薬の中に睡眠薬が入っていることもありますし必ずしもタミフルだけのせいではないような気もしますがこれは私が知識がないのでそう言えるのかもしれません。私の知り合いでもタミフルを処方された人がいますが飲んでも大丈夫でしたよ。
体調もあるのでしょうかね??
2007/04/01(日) 13:15:58 | |CHIDURU #W6545ECQ[ 編集]
コメントありがとうございます!
皆さん、優しい方ばかりでほっと胸をなでおろしました!

>さるすべりさんへ
薬を処方されたら飲む
という習慣があるからではないですかねえ?
安心感もあると思うし...
薬によっては使いにくいのもあると思います。
企業努力もなかなか理想に追いつかないです

>o_sole_mioさんへ
リレンザは量は少ないのですが投薬に患者さんの技術が必要という難点がありますね。
季節物なのでもう少ししたらデータ収集等もSTOPしてしまうんですよねえ...
難しいです...

>鵲 翔平さんへ
インフルエンザの性質上、検証は難しいです。
39度も熱が出ても平気な親御さんも少ないと思いますし...
因みに現状だとタミフルに変わる新薬開発って赤字採算の可能性が高いという難点もあります...

>ゆずっぽさんへ
高熱による脳症を防ぐための処方という考えも有りだと思います。
最近のワクチンは卵を使わないような方向性なのでなんとかなる気もします...
発売中止になると今まで服用されていた患者から非難轟々という話は耳にしたことがあります。
難しいですよねえ。
抗感染病治療薬は採算面で開発もなかなか難しい部分もあります...

>サバン少年さんへ
発現率を%で出すか頭数で出すかという点も注意です。
海外であまり使われていないのでなかなか解析も難しいところです。
中枢神経に作用すればある程度は可能ですが
何故飛び降りるという運動に至るかはわからないでしょうねえ。
突然、走り出すくらいなら判る気もしますが...
パンデミック・フルの作者(岡田 晴恵)が異常行動について全く記載をしていないのが非常に不可解です...

>3Bbakuさんへ
副作用はあると思います。
10代以下は飛び降りするほどの身体能力が無いし、熱による悪影響を懸念して方針を代えたと思います。
自己申告なので正確な値はわからないと思いますね。
0.1%の発現確率でも10万人に処方されたら100人ですからねえ...

>なぁこ♪さんへ
あれが一番まずいですね。
お金を渡したら賄賂と考えるのが一般的感覚ですからね。
業界と官僚の癒着っていうのはどの分野にもありますが
お粗末でしたね...

>華唯へ
常に柔軟でニュートラルな意識を持ったほうがいい気がする。
反対意見にも耳を傾ける事は大切なので。
TV局も製作現場が浄化されるということは難しいようです。

>モモさんへ
そうですね。
薬を処方する時に副作用を説明する習慣があまりないからですかねえ?
そこらへんは薬剤師さんに頑張ってもらうしかないんですかねえ???
まあ、飲まずに済むならそれに越したことは無いと思います!

>CHIDURUさんへ
TVとしてはHOTな話題でかつ視聴率が取れるものというスタンスですかね?
いずれにせよゴシップ、不祥事といったネタは受けが良いので...
副作用ですが理屈では出なくても、今の状況がある限り、何がしかの手を打つことは必要だと思います。
仮に副作用じゃなかった場合にどうするのか?ということになりかねませんので。
やはり個人差はあると思いますよ。
ノンレスポンダーという言葉もあるくらいなので...


2007/04/01(日) 17:41:50 | |ミュジニー #-[ 編集]

明日(月曜日)は診療日なので、
外堀通りの桜並木でもながめに行って来ようと思っています♪
2007/04/01(日) 18:52:31 | |oba3 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/01(日) 21:20:42 | | #[ 編集]
>oba3さんへ
先日はカラオケで何を歌ったんですかね???
明日、朝は天気が良いといいんですね!
外堀通りはなかなか良い通りです!
2007/04/01(日) 21:20:49 | |ミュジニー #-[ 編集]
薬。
病院にいって薬を処方されるのが日本くらいってテレビで見た気がするのですが、かなり聞き流していたので、変に結び付けて記憶しているかも・・・
私は処方された薬、途中で飲むのを勝手にやめちゃいますけどねぇ・・・
サリドマイドなど、薬害問題は過去に何件かあったのに対して、国が動くのがとても遅かったことも取り上げられていましたねぇ。
今回のインフルエンザ自体が異常行動を起こしやすいのか、それとも薬の副作用のせいなのか、原因究明をして、白黒はっきりつけて欲しいものです。
2007/04/01(日) 22:10:50 | |深街瑠伽 #-[ 編集]

HOOo~。

民降る(お?イカシテる、私のPC)
タミフル問題・・・もっともっとサンプルがないと・・・と思うめんもありますね。
キジョが想定できてくると使い方の工夫も出来るんだろうに。
新しい薬にはこういうの付きまといますね。
高熱の人自体も 行動が怪しくなるって事もありますから。

予防的投薬は結構効果ありなような感じがします。高齢者施設が職場なのでヒヤヒヤでしたが。

自分は予防主義なので、ワクチンで家族をガードしています。

今のところ、タミフルのお世話になっていませんが、家族で最初に服用するのは自分で会ってほしい気はします。
子供には、リレンザ&解熱剤にしちゃうかな・・・と思う。

サンプルはほしいといっておいて、自分はサンプルになりたくないなんて矛盾ですがね(苦笑。

2007/04/01(日) 22:11:14 | |響 #WpbHSf/E[ 編集]
コメントありがとうございます!
>深街瑠伽さんへ
日本は一応、国民皆保険制度なので薬もそれなりに安く買える事もあります。
抗生物質は耐性菌の発生を防ぐためにもきちんと飲んだほうが良いですが
それ以外は個人の判断も有りだと思います。
国の動きが遅いのは確かですね。
業界が圧力をかけているわけでは無いと信じたい心境です...
インフルエンザは季節物なので余計に難しいと思います...

>響さんへ
そうですね、新薬は半年は飲まないほうが良いなんて言い方もあるくらいなので...
やはり、予防第一ですよね!
生活習慣病など予防できる疾病は各々が気をつけることだと思います。
自分としても、感染症、癌、神経系にもう少し取り組みたいところなんですが...
響さんも仕事柄色々あるかも知れませんが
インフルエンザを貰わないように注意してくださいね!
2007/04/01(日) 23:26:11 | |ミュジニー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://room101.blog73.fc2.com/tb.php/305-e0c29e06
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。